Tricker’s カスタマイズ編

・グッドイヤーウエルト製法 / ダブルソール構造

今回は、トリッカーズのカスタマイズ例をご紹介します。 ご依頼は、グッドイヤーウエルト部分からミッドソールまでナチュラルカラーに変更したいとのリクエストです。 現状のオールブラックのままではお持ちの服と合わせづらく、なかなか履く機会が少ないとの事でした。 「おしゃれは足元から」を実践されるかなりのお洒落さんのようですね!

今回は、トリッカーズのカスタマイズ例をご紹介します。
ご依頼は、グッドイヤーウエルト部分からミッドソールまでナチュラルカラーに変更したいとのリクエストです。
「オールブラックのままでは持っている服と合わせづらく、履く機会が少ないので」との事でした。

まずはヒールを分解し、ダイナイトソールを剥がします。

まずはヒールを分解し、ダイナイトソールを剥がします。

ミッドソールとコルクも取り除きます。

ミッドソールとコルクも取り除きます。

黒く染色されたグッドイヤーウエルトをナチュラルカラーにするには、新しいウエルトに交換する必要がありますのでこれも取り除きます。

黒く染色されたグッドイヤーウエルトをナチュラルカラーにするには、新しいウエルトに交換する必要がありますのでこれも取り除きます。

グッドイヤーウエルトを取り除いた状態です。 ウッドシャンクも取り除きます。 *ウッドシャンクとは、踏まず部分の反りを保つ木製の部品で、トリッカーズではウッドシャンクが使用されています。

グッドイヤーウエルトを取り除いた状態です。
ウッドシャンクも取り除いておきます。
*ウッドシャンクとは、踏まず部分の反りを保つ木製の部品で、トリッカーズではウッドシャンクが使用されています。

ちょうどトリッカーズでも使用されているウエルトが入手できましたので、アッパーと縫い合わせていきます。 この際、アッパーを傷めないよう従来の針穴を拾いながら縫い合わせていきます。

ちょうどトリッカーズでも使用されているウエルトが入手できましたので、アッパーと縫い合わせていきます。
この際、アッパーを傷めないよう従来の針穴を拾いながら縫い合わせていきます。

新しいグッドイヤーウエルトをアッパーと縫い合わせた状態です。

新しいグッドイヤーウエルトとアッパー(甲革)を縫い合わせた状態です。

ウッドシャンクを取付けます。

ウッドシャンクを取付けます。

新しいコルクを埋め込みます。

新しいコルクを埋め込みます。

新しいミッドソールを貼り合わせ、形成加工します。

新しいミッドソールを貼り合わせ、形成加工します。

ミッドソールまで出来上がった状態です。

ミッドソールまで出来上がった状態です。

新しいダイナイトソールを貼り合わせ、形成加工の上、グッドイヤーウエルトと縫い合わせます。

新しいダイナイトソールを貼り合わせ、形成加工の上、グッドイヤーウエルトと縫い合わせます。

ダイナイトヒールを作成します。

ダイナイトヒールを作成します。

ヒール作成まで出来上がった側面の状態です。

ヒール作成まで出来上がった仕上げ前の側面の状態です。

画像ではわかりにくいかもしれませんが、コバ(ソール側面)やヒール廻りをナチュラルカラーで染色し、ロウ引き仕上げを施します。

画像ではわかりにくいかもしれませんが、コバ(ソール側面)やヒール廻りをナチュラルカラーで染色し、ロウ引き仕上げを施します。

これでカスタマイズの完成です。 グッドイヤーウエルトから交換する大手術となりましたが、お客様からは「気に入りました。満足しています」というお言葉をいただきました。

これでカスタマイズの完成です。
グッドイヤーウエルトから交換する大手術となりましたが、お客様からは「気に入りました。満足しています」というお言葉をいただき、職人冥利に尽きる思いです。