UNITED ARROWS オールソール張替え

・グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回はユナイテッドアローズのソール張替え例のご紹介です。 ソール底面が擦り減り、大きな穴が開いています。 お客様のリクエストは、ソールはイタリアレザーで、縫い目を隠す仕上げでお願いしますとの事です。

今回はユナイテッドアローズのソール張替え例のご紹介です。
ソール底面が擦り減り、大きな穴が開いています。
お客様のリクエストは、ソールはイタリアレザーで、縫い目を隠す仕上げでお願いしますとの事です。

ヒールを分解し、ソールを剥がします。 想定通り、中のコルクが崩れる状態でした。

ヒールを分解し、ソールを剥がします。
想定通り、中のコルクは崩れる状態でした。

しかし、予想外だったのは、金属製のシャンク(踏まず部分の反りを保つ部品)が真っ二つに折れていた事です。 木製のシャンクが折れていることはちょくちょく見受けられますが、金属製のシャンクが折れているのは少ないケースです。

しかし、予想外だったのは、金属製のシャンク(踏まず部分の反りを保つ部品)が真っ二つに折れていた事です。
木製のシャンクが折れていることはちょくちょく見受けられますが、金属製のシャンクが折れているのは少ないケースです。

新しいスティールシャンクを取付けます。

新しいスティールシャンクを取付けます。

コルクも新たに埋め込みます。

コルクも新たに埋め込みます。

イタリアレザーを貼り合わせ、形成加工の上、隠し縫いを行う部分の革を掻き起し、ウエルトとソールを縫い合わせます。

イタリアレザーを貼り合わせ、形成加工の上、隠し縫いを行う部分の革を掻き起し、ウエルトとソールを縫い合わせます。

掻き起した革を貼り合わせ、縫い合わせ部分を隠します。(チャネル仕上げ;ヒドゥンチャネル)

掻き起した革を貼り合わせ、縫い合わせ部分を戻し縫い目を隠します。(チャネル仕上げ;ヒドゥンチャネル)

ヒールを作成し、ソール底面はリクエストがありませんでしたので当店の標準仕上げを施します。

ヒールを作成し、ソール底面はリクエストがありませんでしたので当店の標準仕上げを施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施し完成です。 踏まず部分は、従来通り丸コバ仕上げを施しています。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施し完成です。
踏まず部分は、従来通り丸コバ仕上げを施しています。