BACKLASH レザーソールからビブラム#2070に張替え

・マッケイ製法からブラックラピッド製法でソール作成

今回は、バックラッシュのソール張替え例のご紹介です。 当初は、ハーフラバー加工等の部分修理にとどめるか検討されていたのですが、この際、ソールのボリュームを出しビブラム#2070でソールを作成するという事になりました。

今回は、バックラッシュのソール張替え例のご紹介です。
当初は、ハーフラバー加工等の部分修理にとどめるか、色々検討されていたのですが、この際、ソールのボリュームを出しビブラム#2070でソールを作成するという事になりました。

ヒールを分解し、ソールを剥がします。

ヒールを分解し、ソールを剥がします。

マッケイ製法のシューズですので、ビブラム#2070の場合にはブラックラピッド製法でソールを作成する必要があります。 まずはゲージを取り、マッケイ用のウエルトとミッドソールで土台となるソールを作成します。

マッケイ製法のシューズですので、ビブラム#2070の場合にはブラックラピッド製法でソールを作成する必要があります。
まずはゲージを取り、マッケイ用のウエルトとミッドソールで土台となるソールを作成します。

作成したソールを貼り合わせ、アッパーと縫い合わせます。

作成したソールを貼り合わせ、アッパーと縫い合わせます。

土台となるソールにラバーミッドソールを貼り合わせ、形成加工の上、張り出したウエルト部分と縫い合わせます。

土台となるソールにラバーミッドソールを貼り合わせ、形成加工の上、張り出したウエルト部分と縫い合わせます。

ビブラム#2070を貼り合わせ形成加工します。

ビブラム#2070を貼り合わせ形成加工します。

コバ(ソール側面)、ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施し完成です。

コバ(ソール側面)、ヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施し完成です。