Alden レザーソールからvibram#2055に張替え

・グッドイヤーウエルト製法

今回はオールデンのソール張替え例をご紹介します。 よく滑るのでラバーソールに張替える事になりましたが、フォルムは変わらないようにしたいとのご意向を踏まえ、ビブラム#2055でソール交換を行います。

今回はオールデンのソール張替え例をご紹介します。
よく滑るのでラバーソールに張替える事になりましたが、フォルムは変わらないようにしたいとのご意向を踏まえ、ビブラム#2055でソール交換を行います。

ヒールを分解し、レザーソールを剥がします。

ヒールを分解し、レザーソールを剥がします。

するとここで問題が発覚します。 当初は気付かなかったのですが、グッドイヤーウエルトが一部外れています。

するとここで問題が発覚します。
当初は気付かなかったのですが、グッドイヤーウエルトが一部外れています。

よく見ると、ウエルトが千切れているのではなく、ウエルトとアッパーを縫い合わせている糸が部分的に切れて外れているだけでしたので、コルクを取り除き改めて縫い合わせます。

よく見ると、ウエルトがチギレているのではなく、ウエルトとアッパーを縫い合わせている糸が部分的に切れて外れているだけでしたので、コルクを取り除き改めて縫い合わせます。

新たにコルクを埋めます。

新たにコルクを埋めます。

ビブラム#2055を貼り合わせ形成加工し、ウエルトと縫い合わせます。 (ダイナイトソールとよく似た模様ですが、ダイナイトより突起が浅く、粘りのあるラバーソールです)

ビブラム#2055を貼り合わせ形成加工し、ウエルトと縫い合わせます。
(ダイナイトソールとよく似た模様ですが、ダイナイトより突起が浅く、粘りのあるラバーソールです)

ヒールを作成します。

ヒールを作成します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施し完成です。 横から見るとレザーソールの時と変わらないフォルムです。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施し完成です。
横から見るとレザーソールの時と変わらないフォルムです。