Crockett & Jones オールソール

・グッドイヤーウエルト製法 / シングルソール構造

今回はクロケット&ジョーンズのオールソール例のご紹介です。

今回はクロケット&ジョーンズのオールソール例のご紹介です。

ヒールを分解、ソールを剥がします。 中のコルクが崩れる状態でしたので取り除きます。

ヒールを分解、ソールを剥がします。
中のコルクが崩れる状態でしたので取り除きます。

新たにコルクを埋め、ウエルトとソールを縫い合わせていた糸も抜き取ります。

新たにコルクを埋め、ウエルトとソールを縫い合わせていた糸も抜き取ります。

ソールはイタリアレザーで、現状と同じ仕上げをご希望でしたので、縫い目を隠すチャネル仕上げを行なう為、縫い合わせる部分の革を掻き起し、ウエルトとソールを縫い合わせます。 また、トウスティールの取付部分も削っておきます。

ソールはイタリアレザーで、現状と同じ仕上げをご希望でしたので、縫い目を隠すチャネル仕上げを行なう為、縫い合わせる部分の革を掻き起し、ウエルトとソールを縫い合わせます。
また、トウスティールの取付部分も削っておきます。

掻き起していた革を戻し貼り合わせ、縫い目を隠します。

掻き起していた革を戻し貼り合わせ、縫い目を隠します。

ヒールを作成し、ソール底面にステイン加工(茶系色で染色)を施します。

トウスティールを取付け、ヒールを作成し、ソール底面にステイン加工(茶系色で染色)を施します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施し完成です。

コバ(ソール側面)やヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施し完成です。