Tricker’s オールソール/ダイナイトソール

・グッドイヤーウエルト製法/ダブルソール構造

今回のご紹介はレディースのトリッカーズで、歩くとソールの辺りから異音がするという事で、ソール交換の際にチェック及び修正を行います。

今回のご紹介はレディースのトリッカーズで、歩くとソールの辺りから異音がするという事で、ソール交換の際にチェック及び修正を行います。

まず、ヒールを分解除去し、ダイナイトソールを剥がします。 次にミッドソールが出てくるのですが、通常レザーのミッドソールが使用されている所、こちらはスポンジ素材となっており、所々で浮きが見受けられますので音鳴りの一つの原因かもしれません。

まず、ヒールを分解除去し、ダイナイトソールを剥がします。
次にミッドソールが出てくるのですが、通常レザーのミッドソールが使用されている所、こちらはスポンジ素材となっており、所々で浮きが見受けられますので音鳴りの一つの原因かもしれません。

スポンジ素材のミッドソールも剥がし、ウエルトとソールを縫い合わせていた糸も抜き取ります。

スポンジ素材のミッドソールも剥がし、ウエルトとソールを縫い合わせていた糸も抜き取ります。

更に、原因チェックの為、コルクも取り除きます。 インソールやリブテープに特に浮きなどは見られず、ウッドシャンク(靴の反りを保つ部品)も折れはしていないものの、多少遊びが見られる状態です。

更に、原因チェックの為、コルクも取り除きます。
インソールやリブテープに特に浮きなどは見られず、ウッドシャンク(靴の反りを保つ部品)も折れはしていないものの、多少遊びが見られる状態です。

音鳴りの原因かもしれないウッドシャンクの遊びも固定し、新たにコルクを埋めます。

音鳴りの原因かもしれないウッドシャンクの遊びも固定し、新たにコルクを埋めます。

スポンジ素材ではなく、レザーのミッドソールを貼り合わせ、形成加工します。

スポンジ素材ではなく、レザーのミッドソールを貼り合わせ、形成加工します。

新しいダイナイトソールを貼り合わせ、形成加工の上、ウエルトと縫い合わせます。

新しいダイナイトソールを貼り合わせ、形成加工の上、ウエルトと縫い合わせます。

ダイナイトヒールを作成します。

ダイナイトヒールを作成します。

コバ(ソール側面)、ヒール廻りを染色しロウ引き仕上げを施します。 音鳴りの原因と思われる個所は修正しましたが、この程度の症状は良く見受けられる事で、音鳴りしない場合が多いのが実情です。

コバ(ソール側面)、ヒール廻りを染色しロウ引き仕上げを施します。
音鳴りの原因と思われる個所は修正しましたが、この程度の症状はよく見受けられる事で、音鳴りしない場合が多いのが実情です。