Salvatore Ferragamo オールソール/イタリアレザー

・セメント製法からマッケイ製法でソール張替え

今回はフェラガモのソール張替え例のご紹介です。

今回はフェラガモのソール張替え例のご紹介です。

まずはソールを剥がします。 このシューズはセメント製法のタイプで、以前にソールが剥がれてしまったのか、比較的新しい接着跡が伺えました。 *セメント製法とはソールとアッパーを接着のみで貼り合わせた作りの製法です。

まずはソールを剥がします。
このシューズはセメント製法のタイプで、以前にソールが剥がれてしまったのか、比較的新しい接着跡が伺えました。
*セメント製法とはソールとアッパーを接着のみで貼り合わせた作りの製法です。

イタリアレザーでゲージを取り、マッケイウエルトを貼り合わせソールを作成します。

イタリアレザーでゲージを取り、マッケイウエルトを貼り合わせソールを作成します。

作成したソールをアッパーに貼り合わせ、縫込み固定します。(マッケイ製法)

作成したソールをアッパーに貼り合わせ、縫込み固定します。(マッケイ製法)

ソール底面の仕上げを行なう為、研磨しておきます。

ソール底面の仕上げを行なう為、研磨しておきます。

ヒールを作成し、ソール底面の仕上げを行ないます。 元々はステイン加工(茶系色で染色)されているのですが、それはしなくてよいとの事でしたので当店の標準仕上げです。

ヒールを作成し、ソール底面の仕上げを行ないます。
元々はステイン加工(茶系色で染色)されているのですが、それはしなくてよいとの事でしたので当店の標準仕上げです。

コバ(ソール側面)やヒール廻りの仕上げを行なう為研磨します。

コバ(ソール側面)やヒール廻りの仕上げを行なう為研磨します。

コバやヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施し完成です。 *ロウ引き仕上げとは、熱した鏝でロウを溶かしながらコーティングしていく手法です。

コバやヒール廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施し完成です。
*ロウ引き仕上げとは、熱した鏝でロウを溶かしながらコーティングしていく手法です。