CARMINA つま先補修・ラバーチップ取付/トップリフト交換

・グッドイヤーウエルト製法/シングルソール構造

今回はカルミナの部分修理例をご紹介します。

今回はカルミナの部分修理例をご紹介します。

まずは、つま先の擦り減りが早いので補強したいという事です。 画像ではわかりにくいと思いますが、すでにソールのつま先部分が剥がれている状態になっています。

まずは、つま先の擦り減りが早いので補強したいという事です。
画像ではわかりにくいと思いますが、すでにソールのつま先部分が剥がれている状態になっています。

つま先の補強はラバーチップで行う事になりましたので、その部分を削り込みます。 また、通常はソールを剥がさないと出来ない事なのですが、剥がれているつま先部分を縫い込んでいる糸も抜き取る事が出来ました。

つま先の補強はラバーチップで行う事になりましたので、その部分を削り込みます。
また、通常はソールを剥がさないと出来ない事なのですが、剥がれているつま先部分を縫い込んでいる糸も抜き取る事が出来ました。

剥がれたつま先部分を縫い直します。

剥がれたつま先部分を縫い直します。

ラバーチップを貼り合わせ、形成加工します。

ラバーチップを貼り合わせ、形成加工します。

そして、ヒールのトップリフトも交換する事になっていましたので、剥がした状態です。

そして、ヒールのトップリフトも交換する事になっていましたので、剥がした状態です。

新しいリフトを貼り合わせ、形成加工します。

新しいリフトを貼り合わせ、形成加工します。

元々と同様に飾り釘を打ち、底面の仕上げを行ないます。

元々と同様に飾り釘を打ち、底面の仕上げ(ステイン加工はオプションです)を行ないます。

仕上げを行なう為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

仕上げを行なう為、コバ(ソール側面)やヒール廻りを研磨します。

コバやヒール回を染色し、熱した鏝でロウを溶かしながらコーティングしていきます。

コバやヒール廻りを染色し、熱した鏝でロウを溶かしながらコーティングしていきます。

ヒール側面上部には飾り車でギザギザ模様をつけます。

ヒール側面上部には飾り車でギザギザ模様をつけます。

これで、つま先の補強修理とトップリフトの交換作業は完成です。

これで、つま先の補強修理とトップリフトの交換作業は完成です。