BALLY オールソール/リッジウェイソールでカスタマイズ

・セメント製法からブラックラピッド製法に変更しソール張替え

今回のご依頼は、バリーのレザーソールをラバーソールに張替えたいとの事です。 画像のように、バリーのセメント製法のタイプは日本ではよく剥がれるケースが見受けられます。

今回は、バリーのレザーソールが剥がれてしまったので、この際ラバーソールに張替えたいとのご依頼を紹介します。
画像のように、バリーのセメント製法(接着だけで貼り合わせている)のタイプは日本ではよく剥がれるケースが見受けられます。

剥がれかけているソールをすべて剥がしてしまいます。

剥がれかけているソールをすべて剥がしてしまいます。

ブラックラピッド製法でソールを作成していきますので、まず、ミッドソールにマッケイ用ウエルトを貼り合わせ、土台となるソールを作成します。

ブラックラピッド製法でソールを作成していきますので、まず、ミッドソールにマッケイ用ウエルトを貼り合わせ、土台となるソールを作成します。

アッパー(甲革)から張り出しているウエルト部分を黒色に染色し、ラバーソールの土台となるミッドソールを貼り合わせ、アッパーと縫い合わせます。

アッパー(甲革)から張り出しているウエルト部分を黒色に染色し、ラバーソールの土台となるミッドソールを貼り合わせ、アッパーと縫い合わせます。 これでアッパーとソールが剥がれることはなくなります。

ラバーソールの種類は、リッジウェイソールをご希望でしたので、ミッドソールと貼り合わせ形成加工し、張り出したウエルト部分と縫い合わせます。

ラバーソールの種類は、リッジウェイソールをご希望でしたので、ミッドソールと貼り合わせ形成加工し、張り出したウエルト部分と縫い合わせます。

同じくリッジウェイヒールを取付けします。

同じくリッジウェイヒールを取付けします。

コバ、ヒール廻りを黒色で染色し、ロウ引き仕上げを施し完成です。

コバ(ソール側面)、ヒール廻りを黒色で染色し、ロウ引き仕上げを施し完成です。