GUCCI サンダル修理

今回のご紹介は、グッチのサンダル修理例です。 接地面側のソールと鼻緒側のソールがほぼ剥がれてしまっている状態です。

今回のご紹介は、グッチのサンダル修理例です。
接地面側のソールと鼻緒側のソールがほぼ剥がれてしまっている状態です。 接着で貼り合わせているだけですのでよく見受けられる症状ですね。

まず、上下のソールを完全に剥がしてしまします。

まず、上下のソールを完全に剥がしてしまします。

上下のソールを再度貼り合わせ、擦り減っているつま先部分をレザーで補正しておきます。

上下のソールを再度貼り合わせ、擦り減っているつま先部分をレザーで補正しておきます。

接着だけですとどうしても剥がれやすいので、上下のソールを縫い合わせておきます。

接着だけですとどうしても剥がれやすいので、上下のソールを縫い合わせておきます。

擦り減りやすい踵部分にはビブラムのスタンダードリフトを取付け、前部にはビブラムのスタンダードタイプでハーフラバー加工を行います。

擦り減りやすい踵部分にはビブラムのスタンダードリフトを取付け、前部にはビブラムのスタンダードタイプでハーフラバー加工を行います。

後は、コバ廻りを染色しロウ引き仕上げを施し完成です。

後は、コバ廻りを染色しロウ引き仕上げを施し完成です。