CHEANEY ハーフラバー加工

・グッドイヤーウエルト製法

今回はチーニーの修理例をご紹介します。 一見、特に問題なさそうなソールの状態に見えますが、つま先の擦り減りや外側の擦り減りで、縫い合わせている糸が切れソールが剥がれそうな状態になっています。

今回はチーニーの修理例をご紹介します。
一見、特に問題なさそうなソールの状態に見えますが、つま先の擦り減りや外側の擦り減りで、ウエルトとレザーソールを縫い合わせている糸が切れソールが剥がれそうな状態になっています。

お客様としてはなるべく部分修理で済ませたいとのお考えでしたので、擦り切れた縫込み糸を再度縫い合わせた上で、ハーフラバー加工を行う事になりました。 こちらは、ソールを剥がした状態です。

お客様としてはなるべく部分修理で済ませたいとのお考えでしたので、擦り切れた縫込み糸を再度縫い合わせた上で、ハーフラバー加工を行う事になりました。
こちらは、ソールを剥がした状態です。

従来の縫込み糸を取り除き、つま先の擦り減りを革で修正した上で、改めて縫直します。

従来の縫込み糸を取り除き、つま先の擦り減りを革で修正した上で、改めて縫直します。

レザーソールの保護や、縫直した糸が擦り切れないようにするためにもハーフラバー(ビブラムのスタンダードタイプ)を貼り合わせ、形成加工します。

レザーソールの保護や、縫直した糸が擦り切れないようにするためにもハーフラバー(ビブラムのスタンダードタイプ)を貼り合わせ、形成加工します。

後は、コバ廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施し完成です。

後は、コバ廻りを染色し、ロウ引き仕上げを施し完成です。