RED WING オールソール(ビブラム#430)/ウエルトから交換

・特殊なグッドイヤーウエルト製法

こちらが今回ご依頼のビンテージ感漂うレッドウイングです。 合成樹脂製の一体型ソールと、同様の素材のグッドイヤーウエルトを溶着させた少し変わったスタイルのモデルです。

こちらが今回ご依頼のビンテージ感漂うレッドウイングです。
合成樹脂製の一体型ソールと、同様の素材のグッドイヤーウエルトを溶着させた少し変わったスタイルのモデルです。

一般的にグッドイヤーウエルトは革製なのですが、このタイプは合成樹脂製で、しかも縫い代が無い状態ですので交換のため取り除きます。

一般的にグッドイヤーウエルトは革製なのですが、このタイプは合成樹脂製で、しかも縫い代が無い状態ですので交換のため取り除きます。

グッドイヤーウエルトを取り除くとこんな感じです。

グッドイヤーウエルトを取り除くとこんな感じです。

革製のグッドイヤーウエルトを縫い合わせます。

革製のグッドイヤーウエルトを縫い合わせます。

シャンク(反りを保つ部品)、コルクを挿入し、レザーのミッドソールを貼り合わせ形成加工します。

シャンク(反りを保つ部品)、コルクを挿入し、レザーのミッドソールを貼り合わせ形成加工します。

お客様の指定のソールがビブラム#430でしたので、ミッドソールの上に貼り合わせ形成加工し、ウエルト部分と縫込みます。

お客様の指定のソールがビブラム#430でしたので、ミッドソールの上に貼り合わせ形成加工し、ウエルト部分と縫込みます。

同じくヒールを作成します。

同じくヒールを作成します。

コバ、ヒール廻りの染色、仕上げを行ない完成です。

コバ、ヒール廻りの染色、仕上げを行ない完成です。