Cheaney オールソール(JRレザー/つま先ラバー加工)

・グッドイヤーウエルト製法

今回はチーニーの修理例をご紹介します。

チーニー のオールソール修理例

ソールの接地面に穴が開き始めて来たのでソール交換したいとの事です。

チーニー のオールソール修理例

まず、ヒールを分解、ソールを剥がすと中のコルクが崩れる状態でしたのでこれも取り除きます。

チーニー のオールソール修理例

新たにコルクを埋めます。

チーニー のオールソール修理例

張替える部材はドイツ製JRのレザーソールをご希望でチャネル仕上げはヒドゥンチャネル(縫い目を隠す)、更につま先部分はラバー加工を施してほしいという事でしたので、ラバーチップの取付部分はあらかじめ削ってあります。

チーニー のオールソール修理例

ラバーチップを貼り合わせます。

チーニー のオールソール修理例

ソールの底面はステイン加工を施してほしいというご希望でしたので、レザーソールの銀面を研磨します。

チーニー のオールソール修理例

同じくヒールもドイツ製JRで作成し、茶系色でステイン加工を施しコバ、ヒール廻りの仕上げも行い完成です。

いくら強度の高いドイツ製最高級部材のJRレザーとは言え、擦り減りやすいつま先部分を予め補強しておくのは賢いやり方ですね!